アレルギー対策
Top page < アレルギー対策

シックハウス対策に有効なFTS工法

建材から発生する有害物質を分解するFTS工法

建材から発生する有害物質を分解するFTS工法

FTS工法の効果

新築や増改築をした住宅に入居した人が、目がチカチカする、喉が痛い、めまいや吐き気、頭痛がするなどの「シックハウス症候群」が問題になっています。
その原因の一部は、建材や家具などから発散するホルムアルデヒドやトルエン、キシレンなどのVOC(揮発性有機化合物)と考えられています。 平成15年に建築基準法が改正となり、新建材がその対象となりましたが、建築基準法は、ホルムアルデヒドの規制、クロルピリホスの禁止、 そして換気の奨励で、これだけではシックハウス対策は十分というわけではありません。また、カビ、ダニ、ハウスダスト、有害電磁波など、 家の中は住む人の健康を脅かす環境と化しています。家にいることの多い主婦の方や小さいお子様、高齢者の方、そして赤ちゃんは、 とくに大きな危険にさらされているといえます。FTS工法は、住み替えることなく、安心してお住まいいただける室内環境へと改善します。

部屋全体にスプレーコーティングすることで、室内に水分子マイナスイオン空間を作ります

部屋全体にスプレーコーティングすることで、室内に水分子マイナスイオン空間を作ります

有害物質を分解し、カビやダニが繁殖できない室内環境に。

FTS工法は、人体に有益な遠赤外線を放出するナノ微粒子の液体と有機化学物を加水分解除去する機能を持った電解水溶液を 特殊な方法で融合させた環境浄化液を壁・天井・床・カーテン・家具等の表面にスプレーコーティングし、室内に水分子のマイナスイオン空間を創り、 VOC(揮発性有機化合物)等を分解・抑制します。施工が終わればすぐに生活できます。
施工後は、遠赤外線放射機能で有害物質の濃度が短期間で減少し、効果が持続的に続きます。

有害物質を分解し、カビやダニが繁殖できない室内環境に

安心の室内環境のためのFTS工法


有害物質の減少データ(測定温度25℃)

建材メーカー検査データより

ホルムアルデヒド指針値・キシレン指針値

トルエン指針値
■指針値とは
厚生労働省が定めた個別のVOCの室内濃度指針値のことで、人がその化学物質の示された濃度以下の暴露を一生受けたとしても、 健康への有害な影響を受けないであろうとの判断により設定された値です。ただし、指針値以下であっても何らかの影響を受ける可能性があります。


体内水分や血液を還元・活性化し、免疫力・抵抗力を強化。

また、FTS工法はVOC(揮発性有機化合物)を分解・抑制するだけでなく、 FTS工法を施した壁・天井・床・カーテン・家具等から人体や植物も有益な遠赤外線の生育電磁波が持続的に放射され、 空気の水分子と共振して水分子マイナスイオンを作り出します。水分子マイナスイオンは様々なカタチで私たちを健康へと導き、快適な住空間を創造します。

体内水分や血液を還元・活性化し、免疫力・抵抗力を強化

│アレルギー対策│
環境浄化液セラピー627z電解洗浄液ミストクリーン